短期の独り身の引越し

短期の独り身の引越し

大阪府の枚方市というところから、大阪市内に引越しする時に、引越し業者を利用しました。

 

その時は、日通の単身者パックを利用し、料金は18000円ほどでした。
その単身パックガイド安い一番では、荷物量が少し制限されているため、引越し準備の際、荷物を減らすように努力しました。

 

ほとんど使用していないものをゴミとして処分することはもちろんのこと、かなりかさばるもののまだ使えそうな物は、フリマアプリを利用して売りました。
不用品回収業者にも見積もりを依頼しましたが、かなり費用がかかると言うことだったので、無料でもフリマアプリでお客さんを募り、引き取ってもらえるほうがありがたかったので、この方法にしました。

 

そうすることで、かなり荷物量を減らすことに成功しましたが、まだインテリアなど軽いものがたくさん残っていたので、自分が移動する時にスーツケースに入れて運びました。
そのため、引越し業者にお願いした荷物量としては、テレビと布団一式と洗濯機と冷蔵庫、その他衣類のみとなりました。

 

引越し当日は、予約時間の10分ほど前に業者の方に来ていただき、私はほとんど何もしないまま、作業員の方が一人だけで作業され、あっという間に作業が完了し、その手際の良さに驚きました。

 

また、荷物を全て運び出した後、自分で掃除しましたが床のしみなどが多数あり、急いでホームセンターに行き、専用洗剤を購入しました。
しかし、結局あまり汚れが落ちなかったので、その旨を不動産会社に伝えると、余分に少し費用がかかるとのことでした。

 

そこで清掃費用として10000円程度支払いました。
後で考えると、費用に余裕があるのなら、事前に自分で清掃業者も予約し、お願いした方が、安かったように思います。

 

しかも、ゴミ等を引き取ってくれるところもあるので、引越し作業がもっとスムーズになったかと思います。
これからは、引越し業者だけではなく、その後の清掃業者のことも考えたほうが良いと思わされた出来事でした。

褒められた引っ越し準備

3カ月前にアパート1階から戸建てへの引越しをしました。

 

同じ市内で1キロほどの距離での引越しでした。
一括見積もりサイトを使って4社から見積もりを取り、最後にきてもらった業者に4万5千円でお願いしました。

 

業者が来るたびに金額は下がっていき、引越しは値段があってないようなものだと思いました。
当初荷物は、ダンボール50箱で収まるだろうと言われていました。

 

小さい子供もいたので1カ月前から準備を始めました。
まずは季節外の洋服や靴、なくても生活に困らない飾り物をどんどんダンボールに詰めていきました。

 

引越しまでの生活をシュミレーションしてみて、使わないものは詰めてしまいました。
50箱ではおさまらず、追加でダンボールを20個もらいました。

 

50箱を超えた分は中古のダンボールを持って来ると言われていたのですが新品のダンボールを持ってきてくれました。

 

ダンボール、ダンボールにはおさまらない衣装ケースやゴミ箱など、どんなものにも引越し先での行き先(どの部屋に運ぶか)を大きく書くことを徹底しました。
引越し前日にはキッチン用品も全てダンボールに詰め終えることができました。即日引っ越しもバッチリでした。

 

当日の朝布団袋に布団をつめて完了です。
引越し作業は朝8時から始まり、4時間ほどかかると言われていました。

 

作業員さんたちはどんどんトラックに荷物を運んでいきました。
大きいダブルベットは解体しての運び出しでした。

 

そして1時間も経たないうちにすべての荷物をトラックに運んでしまいました。そして新居に移動して搬入作業が始まりました。
これもとてもスムーズに進んで、10時半にはすべての荷物の搬入が完了し、ダブルベットの組み立てと洗濯機の取り付けをして11時半前には帰っていきました。

 

あまりの早さにびっくりして、「早かったですね」と声をかけると、「完璧に準備をしてくれていたので助かりました。
間に合わなくて当日に箱詰めしながら引越し作業を行うこともよくありますよ」と言っていました。早めに引越し準備を始めていてよかったと思いました。